つわりに関する様々な噂

つわりに関する様々な噂

つわりは多くの妊婦さんが経験するものですが、その原因は明らかになっていません。

ホルモンバランスの乱れや精神的ストレスからくるもの、体が胎児を異物と判断して排除しようとすることによって起こるもの、などと考えられているようですが、どれが正解かは明確になっていないのです。

医学的に解明されていないつわりには、実は様々な噂があるのです。

信じていいものとそうでないものがありますが、気になるつわりの噂について調べてみましょう。

つわりに関する噂

つわりがひどいと胎児に影響する?

つわりがひどくて食べ物を口に出来なくなると、お腹の赤ちゃんに栄養が行かなくなるのではないか、と心配になる妊婦さんは多いでしょう。

しかしこの時期に母体が食べられなくなっても、胎児に栄養が行かなくなることはありません。

それよりも母体が栄養不足に陥ることのほうが心配なので、どうしても食べられないときは病院に行きましょう。

つわりが重いと男の子が生まれる?

これはよく耳にする噂ですが、医学的に根拠はないと言われています。

つわりの症状が軽いか重いかは人それぞれの体質や環境が関係していますので、つわりが重いから男の子、軽いから女の子が生まれる、という噂はウソのようです。

実際につわりがまったくなかったけれど生まれたのは男の子だった、という人は周りにもたくさんいますからね。

つわりのときよく食べたものが子供の好物になる?

これも根拠はありません。

ただ単につわりで気持ちが悪いときは口当たりの良い果物などを好む妊婦さんが多く、それが子供なら誰でも好きなイチゴやブドウなどであった、というだけの話のようです。

男性にもつわりがある?

これは実はウソではありません。

妊娠中の妻が吐き気や嘔吐で苦しんでいるのを見ていると、夫にも同様の症状が現れる場合があるのです。

医学的な現象として認められているようです。

夫も同じ経験をすることによって妻の辛い気持ちを理解してもらえますので、悪いことではないかもしれませんね。

想像妊娠でもつわりがある?

想像妊娠は、妊娠を強く望むことによって妊娠しているときと同じ症状が現れる事を言います。
実際に妊娠していなくても、つわりやお腹の膨らみが認められるのです。

これは精神的なものが原因となって起こるので、ウソではありませんね。

1人目より2人目の方がつわりが重い?

これも根拠はありません。

2人目のときは上の子がいるので辛くても休めない、という理由からつわりが重いと感じるのかもしれません。

逆に、上の子のお世話があるから気が紛れて2人目の方が軽く感じた、という人も多いようです。

いずれにしろ1人目と2人目でつわりの症状が違った、という人はたくさんいますので、ますますつわりの原因は本当は何なのか、分からなくなってきますね。

つわりは遺伝する?

自分の母親が妊娠中つわりが重いと、自分も重くなる、という噂はどうでしょう。

つわりが起こるのは体質や性格が関係しているとも言われているので、そう考えれば体質や性格が似ている母親と同じ状況になるのはあり得ることかもしれません。

こちらもどうぞ