つわり時の頭痛やだるさを和らげる5つの対処方法

つわりは妊娠初期の妊婦さんの多くが経験する症状です。

つわりは何故起こるのか、そのメカニズムはまだ解明されていませんが、妊娠したことによるホルモンの変化が関係している、という考え方が有力のようです。

つわりの症状は吐き気だけではありません。
頭痛やだるさ、眠気、発熱などの症状を訴える妊婦さんも少なくないようです。

せっかくのマタニティライフをつわりの症状に苦しむだけの時間にしないように、症状を和らげる方法を見つけていきましょう。

つわり時の頭痛やだるさを和らげる対処法

残念ながらつわりを治す方法はありませんが、つわりの症状を軽くすることは可能です。

つわり時の頭痛やだるさを和らげるにはどうしたら良いのかご紹介します。

体を休める

妊娠初期は寝ても寝ても眠気が襲ってきます。
体がだるくてまともに起きていられない、という時期もあるでしょう。

確かに妊娠は病気ではありませんので、寝てばかりいるのも気が引ける...という人もいるかもしれません。

しかし妊娠初期は赤ちゃんの体が出来上がるとても大切な時期。
眠気やだるさが襲ってくるのは、「体を休めて」という赤ちゃんからのサインなのです。

家事の手を抜いたり、家族に協力を求めて、出来るだけ体を休ませてあげてください。

ツボを刺激する

つわりの症状を軽くする効果のあるツボが存在します。

「内関」や「足の三里」などのツボはつわり対策として有名で、実際にそのおかげでつわりの症状が軽くなった、という妊婦さんもたくさんいます。

頭痛を和らげるツボもありますので、ぜひ実践してみてください。

気分転換する

つわりで苦しんでいるときは、そのことばかり考えてしまいがちです。

外に出て散歩をしたり、人と会ったり、美味しいものを食べたりするだけで、気が紛れてつわりの症状を忘れてしまうこともあります。

家でふさぎこんでいるより、ずっと気持ちが楽になるはずですよ。

ストレッチする

妊娠中は大きくなってくるお腹がどうしても気になりますし、乳房も変化してきますので、身体のバランスが崩れて背中や腰を痛め、それが原因で頭痛を引き起こす場合もあります。

もちろん無理をするのは禁物ですが、お腹が張っていなく調子の良いときに、身体をほぐすために少しストレッチをしてみましょう。

身体を締め付けない服装を心掛ける

妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化により、血流が悪くなって頭痛が起こるケースもあります。

なるべくゆったりとした、身体を締め付けない服装を常に心掛けましょう。

血流の悪化は妊娠中の女性にとって大敵である「冷え」の原因にもなり兼ねません。

最後に

つわりの辛さは経験した人にしか分からないものです。

パートナーを始めとする家族の理解や協力を得て、休みたいときは休み、無理をしないで過ごせる環境を整えることこそが、快適なマタニティライフを送る上でとても大切です。

こちらもどうぞ