つわりを上手に乗り切るコツ

つわりを上手に乗り切るコツ

人によって程度はありますが、ほとんどの妊婦さんが経験するつわり。
吐き気で何もする気になれず、一日中布団をかぶって寝ていたいくらいですよね。
そんなつらいつわりを乗り切るコツがあるんです。

体の声を聞く

この時期は食べたいもの好きにたべていいと、私自身助産師さんに言われた経験があります。
妙なものが食べたくなったりしますが、体の要求に応えてあげてください。
そうすると、安産になる、とのジンクスめいた話もあります。

適当でよしにする

家事はもちろん手抜きでいいんです。
ひどい時は、立ち上がれなくなるので、がんばろうにもがんばれなくなることもあります。

しかし、散らかり放題の部屋や、畳んでない洗濯物を横目で見て、それを無視するのもまたストレスです。
完璧主義の人ほど、この手抜き状態が、がまんならないはずです。
ですが、出産後のことを考えると、少し手抜き状態に慣れておいたほうがいいのかもしれません。

赤ちゃんの面倒を見ながらだと、悲しい位何もできなくなる時があります。
それでも完璧にやろうとすると、育児に疲れてしまいます。
そういう時は、適当でいいや、位の人が勝ちです。

つわりの時期に適当力を身に付けたほうがいいかもしれません。

夫と協力する

やはりパートナーの助けは心強いです。
ですが、多くのママ達の意見を聞くと、残念ながら多くの男性は、言わなきゃやってくれないのです。
なので、きちんと気持を伝える事が大切です。

わたしの夫は家事も手伝ってくれていましたが、一番うれしかったのは、マッサージをしてもらったことです。
つわりのつらさがやわらぎます。

今は核家族の人が多いので、出産後もママ一人でがんばらなければなりません。
そのためには、夫の意識改革も必要です。

夫婦の協力体制が整っていれば、楽な上に夫婦中も良くなり、子供の教育にも良いので、いいことずくめです。

つらいつわりを乗り切る為には、がんばりすぎず、リラックスする事が大事なのです。

こちらもどうぞ