サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

今すぐわかる!重症妊娠悪阻は一体いつまで続くのか?

「つわりは病気ではない」と言いますが、「重症妊娠悪阻」となると完全な病気です。

つわりの症状があまりに重く、入院治療が必要になる状態が「重症妊娠悪阻」であり、全体の妊婦さんの1%程度に起こると言われています。

重症妊娠悪阻に陥ると最悪の場合は妊娠を継続出来なくなることもあるので、早めに産婦人科を受診して適切な治療を行うことが大切です。

重症妊娠悪阻はいつまで続くのか?

重症妊娠悪阻は日常生活を普通に送ることが困難になるほど症状が重いため、お腹の赤ちゃんが無事に育っているのか心配になる人も多いでしょう。

どのような症状で、一体いつまで続くのでしょうか。

重症妊娠悪阻の症状

通常妊娠すると、ほとんどの妊婦さんが妊娠初期に吐き気や嘔吐、頭痛、食欲不振、嗜好の変化などのつわりの症状を経験することになります。

重症妊娠悪阻とはその症状が大変重いことを言い、ほとんど食べ物を口にすることが出来ず、体重の減少が激しく、水分すら吐いてしまうような状態です。

体が脱水症状を起こすため、尿の量が減少し、入院による点滴治療が必要になります。

その症状は第一期から第三期に分けられ、第三期になると脳神経症状にも以上が現れてくるため、大変危険です。

なるべく早い段階で病院を受診し、治療を開始することが望ましいでしょう。

入院中の治療法

重症妊娠悪阻で入院した場合は、まずは安静に、そして脱水症状に対する点滴治療が行われます。

点滴で水分と糖分、そしてつわりの症状を緩和する効果のあるビタミンB6を補給し、吐き気が強い場合は制吐剤などの薬が使われる場合もあります。

つわりそのものを治療する方法はありませんので、安静療法、食事療法、点滴療法を行いながら、症状が落ち着くのを待つことになるでしょう。

いつまで続くのか?

重症妊娠悪阻で入院した場合、一番心配なのが「いつまで続くのか」ということでしょう。

大抵のつわりは妊娠4週目くらいから始まり、16週あたりには自然に症状が落ち着いてきます。

しかしこれにも個人差は激しく、妊娠後期まで症状が続いた、という人も珍しくはありません。

重症妊娠悪阻で入院した場合、脱水状態から回復しケトン体の数値が正常に戻った時点で退院、となりますが、その後も症状が続いて再度入院になった、という例もあります。

入院期間も数日という人から数カ月という人もいますので、出来るだけ症状が軽いうちに病院を受診して、辛い時期を長引かせないようにすることをおすすめします。

最後に

重症妊娠悪阻は医学上れっきとした「病気」と判断されるものですから、周囲がつわりを「精神的なもの」と言って理解してくれない場合、自分と赤ちゃんを守れるのはあなただけしかいません。

妊婦健診でも現在のつわりの状態をしっかりと医師に相談して、早めに対処できるようにしておきましょう。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

葉酸サプリ