サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

つわりの妊婦におすすめしたい食べ物ランキングTOP4

つわりには様々な辛い症状がありますが、最も多い悩みが食べ物についてです。

  • 食べ物の嗜好が変わった
  • 食べ物の匂いだけで気持ち悪くなる
  • 食べ物を食べていないと吐きそうになる

など、つわりの症状が治まるまで悩みは尽きません。

ちゃんと食べないと体力が落ちたり、精神的にまいってしまうこともありますので、何とか工夫して食べられるものを見つけていきたいものですよね。

つわりの妊婦におすすめの食べ物ランキング

つわり中でも食べやすいと感じる妊婦さんが多い、人気の食べ物をまとめてみました。

果物

果物は匂いもきつくなく口当たりがさっぱりしているので、つわり中も抵抗なく食べることが出来た、という人が多いようです。

実際に果物には糖分や水分がたっぷり含まれているので、例え果物しか口にすることが出来なくても体を壊す心配はあまりありません。

調理しなくても簡単に食べることが出来るので、身体を動かすのが大変な妊婦さんに大変な人気です。

果物の中でも特に、スイカや桃、梨などが食べやすいようです。

ただ、みかんやグレープフルーツなどの柑橘系の果物は、吐き気を促しやすいので受け付けないという人もいます。

冷やご飯

よく「ご飯の炊ける匂いが苦手」という妊婦さんがいます。

温かいご飯の匂いは気持ちが悪くなる原因になる場合が多いので、冷めたご飯をおにぎりやお茶漬けにして食べると食べやすいようです。

調子の良いときにおにぎりを握っておけば、冷めてからでも寝転がりながら手軽に食べられるのでおすすめですよ。

アイス

冷たいアイスクリームは食べると胃がスッキリしますので、つわり中によく食べていた、という妊婦さんはたくさんいます。

水分の補給にもなりますので、食欲がないときはぜひ試してみてください。

ただし妊娠中は急激な体重増加は危険とされていますので、あまり食べ過ぎるのは良くありません。

冷凍庫にストックしておいて、適度な量をキープしながら食べましょう。

炭酸飲料

炭酸飲料はつわりに良いという人もいれば逆効果という人もいます。

飲むとスッキリしますし、ゲップを出すことで吐き気が一時的に治まる場合もありますので、試してみる価値はあるでしょう。

また、空腹になると気持ちが悪くなるという人は、炭酸飲料なら炭酸がすぐにお腹を満たしてくれるので、いつでも飲めるように常備しておくと良いでしょう。

ただしこちらもカロリーが高めなので、飲み過ぎは急激な体重増加につながる恐れがあります。
注意しながら飲むようにしてください。

最後に

つわりに効果的な食べ物には個人差がありますので、すべての人におすすめの食べ物というわけではありません。

上記にご紹介した食べ物をすべて試したけれどダメだった、という妊婦さんもいるでしょう。

妊娠中は食べ物の好みも変わってきますので、自分が食べたいと思うもの、食べても大丈夫なものを工夫しながら見つけていってください。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

葉酸サプリ