サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

つわりのときの食事のポイント

つわりのときの食事のポイント

多くの妊婦さんが、吐き気や食欲不振などのつわりを経験しています。

食べ物を見ただけでムカムカするので食べたくない...。
でも、食べないでいるとお腹の赤ちゃんに栄養がいかないのではないかと心配で...。
という妊婦さんはたくさんいるでしょう。

しかしお母さんがあまり食べられないからと言って、赤ちゃんへの栄養が不足するということはありません。

ただ、まったく食べないでいると母体がまいってしまいますので、つわりのときでも食べやすいものを、食べたい時に食べられるだけ食べておきましょう。

つわりのときの食事

甘いものを食べる

つわりで一番辛いのは、朝起きたときです。
これは、寝起きで胃がからっぽの状態になり、血圧や血糖値が下がっていることが原因なのです。
つまり、空腹状態を避けることでつわりは軽減します。

クッキーやチョコレートなどのお菓子でも構いませんので、とにかく血糖値を上げる食べ物を口にしましょう。

冷ましてから食べる

妊娠中は出来るだけ体を冷やさないことが大切ですが、冷ました食事の方が食べやすいならそうしましょう。
湯気や蒸気でつわりが悪化する人も多いので、温かいものより冷たいものの方が食べやすいようです。

果物がおすすめ

つわりで辛いときは無理して食べる必要はありませんが、水分補給は大切です。
スイカやイチゴ、梨などの果物なら水分も一緒に摂取できますし、口当たりも良いので食べやすいでしょう。

つわりのときはよく酸っぱいものが食べたくなる、と聞きますので、レモンもおすすめですよ。

量は少なめに

つわりで食欲がないときに「あれなら食べられる」というものがあったとしても、一度にたくさんの量を食べてしまうのは危険です。

食べた後で気持ちが悪くなることもあるので、量は少なめに食べるようにしましょう。
せっかく栄養を摂ったのに吐いてしまってはもったいないですからね。

食べたいときに食べる

つわりで具合が悪いときは、何も1日3食、朝昼晩に食事を摂ろうとする必要はありません。

1日の中でも調子の良いときと悪いときがありますので、「食べれる」と思ったときに食べるようにしましょう。

ビタミンを含んだ食事を摂る

ビタミンB6には嘔吐を抑える効果があると言われています。
そばやピーナッツ、納豆などのビタミンB6を含む食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

また、食欲を増進させる効果がある葉酸もおすすめです。
葉酸は人参、かぼちゃ、レバーなどに多く含まれていますよ。

さらに精神を安定させるビタミンB1を摂取すれば、気持ちを落ち着かせてつわりを軽くする作用があります。
牛乳や魚介類、豚肉、牛肉を食べましょう。

自分で料理しない

料理をする過程の臭いで、食欲がなくなってしまうというケースはよくあります。
出来れば家族に甘えて、作る過程は人にお任せしましょう

それが無理ならお惣菜やレトルト食品を上手に利用してください。

最後に

残念ながらつわりを治す薬はありません。
辛い時期を乗り越えるしかないのです。

しかし、食事によってつわりの症状を軽くすることは可能です。
ただ、つわりの症状が人それぞれ違うように、対処法も人それぞれです。

いろいろ試してみて、自分に合った対処法を見つけましょう。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらもどうぞ

カテゴリ

葉酸サプリ