サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

つわりの薬なんてあるのですか?

つわりの薬なんてあるのですか?

ただでさえ妊娠初期には薬の服用にナーバスになります。
風邪薬すら飲まずにガマンするのに、いくらつわりで苦しいからって薬なんてとんでもない、赤ちゃんに影響が出たらどうするの!という妊婦さんも多いのではないでしょうか。

とは言ってもあまりに苦しくて日常生活に支障が出るのなら、本人及び医師の考えや判断によりますが、つわりの症状を緩和するために薬が出されるケースもあります。
その代表的な処方薬を、いくつかご紹介しましょう。

ただし、あくまで日本国内で認可されている薬についてです。海外の医療機関では別の薬が処方されることもありますので、ご了承下さい。

制吐剤系

プリンペラン(アステラス)

吐き気を抑える薬です。調べてみると「使用に注意が必要な人」として妊婦も入っていますが、つわりの吐き気止めとされる代表的な薬です。それだけ処方する医師も多いということでしょう。

タフマックE配合(小野製薬)

消化異常症状の改善薬...いわゆる胃腸薬です。ポピュラーな胃薬のようで、妊婦への処方にも制限がないようです。

マーロックス(アステラス・アベンティス)

こちらもポピュラーな胃薬です。妊婦に対する注意書きは見当たりませんが、大量に服用すると下痢傾向になることも。

ガスターD(アステラス)

同じ系統の薬も市販されている、有名かつ強力な胃薬です。
本来の効能は潰瘍や胃炎などですが、副作用が比較的少ないメリットもあります。
一応、妊婦への使用には注意するよう促されてはいます。

アタラックス(ファイザー)

神経系の薬です。精神安定剤の系統と思って下さい。
こちらも妊婦への処方に注意が必要とされているので、医師からよく説明を受けてみて下さい。

タチオン(アステラス)

主に薬物や毒物による中毒症状を軽減する薬です。効能の中に妊娠悪阻や晩期妊娠中毒も入っています。

ビタミン剤系

・ビタミンB6(丸石)
・ピドキサール(中外製薬)

どちらもビタミンB6の薬です。

ビタミンB6はレバー、穀類、肉、バナナなどに多く含まれる栄養素ですが、食事からそれらが充分摂れない場合に用いられます。つわりでによる栄養不足、といえばまずこれらの薬でしょうか。

漢方薬

産科では作用が穏やかな漢方薬を用いることも多々あります。
薬局などでも市販されているので気軽に服用しがちですが、用法を間違えればやはり問題を引き起こします。自己判断はせず、医師・薬剤師の指示を守って服用しましょう。

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)

つわり、吐き気、嘔吐を改善する薬です。

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)

つわりの他にも不安神経症や不眠症、恐怖症、嘔吐症などと言った神経からくる不調に適応する薬です。

人参湯(ニンジントウ)

主に胃腸虚弱や胃炎を改善する薬です。嘔吐にも効くのでつわりにも処方されます。
どれも適応症に「つわり」を挙げている割には妊婦の使用には注意が必要なので、勝手に市販薬を買ったりはせず医師から処方を受けて下さい。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらもどうぞ

カテゴリ

葉酸サプリ