サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

めまいや熱が出ることも!妊娠初期のつわりの症状とは

つわりは多くの妊婦さんが経験したことがあるでしょう。

つわりがなぜ起こるのか、その原因ははっきりと解明されていませんが、症状の個人差が激しく、「1人目の妊娠のときと2人目の妊娠のときで症状が違った」という人も多いので、まったく予測が出来ません。

つわりと言えば「吐き気」というイメージが強いと思いますが、実は妊娠初期のつわりの症状は吐き気だけではありません。

妊娠初期のつわりの症状

「これはつわり?」と不安になる妊婦さんも多いでしょうから、妊娠初期に起こり得るつわりの症状についてご紹介しましょう。

嘔吐、吐き気

つわりの症状で最も多いのが、嘔吐や吐き気です。

空腹時に吐き気を感じたり、食べ物を見ると気持ちが悪くなる、という程度の人もいれば、何もしていなくても一日中吐き続け、脱水症状を起こして入院が必要になるという人もいます。

お腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えないように、異物を体の中から排除しようとして吐き気が起こるとも考えられていますが、まだはっきりとは原因が分かっていません。

匂いに敏感になる

ご飯の炊ける匂いを嗅ぐと気持ちが悪くなる、というように、匂いに敏感になるのもつわりの特徴的な症状のひとつです。

食べ物の匂いだけでなく、普段は全く気にならないような部屋の匂いにも体が反応するようになってしまう場合もありますので、何とかして気を紛らわせる方法を見つけることが大切です。

食べ物の好みが変わる

今まで好んで食べていた物が苦手になったり、逆に苦手だったものが無性に食べたくなったりする嗜好の変化もつわりの症状の一種です。

特定のひとつのものだけしか食べられなかったり、そればかり食べるようになった、という話もよく耳にします。

眠気

つわりのときの眠気は多くの妊婦さんが経験します。

なんとなく常に眠気があるという程度の人もいれば、眠っても眠っても眠くて起きていられない、という人もいるようです。

この時期は体を休めることが何よりも大切なので、時間の許される限り眠るようにしましょう。

頭痛

吐き気などの症状と同様に原因は不明ですが、つわりのときに頭痛がひどくなる人も多いようです。

特に普段から頭痛持ちの人は妊娠すると症状が重くなり、市販の鎮痛剤を飲むことが出来ないので辛い思いをすることになります。

血糖値が下がると頭痛を起こしやすいので、飴などを常に持ち歩くことをおすすめします。

めまい

めまいは妊娠すると脳への血液の流れが遅くなるために起こる、と考えられています。

吐き過ぎの脱水症状のせいでめまいを起こしている場合もありますので、水分と塩分の補給はこまめにしましょう。

発熱

妊娠初期は基礎体温が高くなり、胃腸に熱がたまりやすくなるため、普段よりも熱が高めになる人が多いようです。
なか
明らかに風邪の症状がないのに微熱がある、というときは、問題ない場合が多いので安静にして様子を見てください。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

葉酸サプリ