サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

つわりの症状には個人差がある

つわりの症状には個人差がある

妊娠中のつわりは始まる時期にも終わる時期にも個人差がありますが、もちろん症状もそれぞれです。

「何となく具合が悪いけどこれがつわりかな?」という程度の人もいれば、「普段は何ともないけどこれだけは食べられない」という人、水を口にしただけで吐いてしまう、という人。

つわりの原因が明確になっていないのでなぜ個人差があるのかは分かっていませんが、出来るなら軽く終わってほしいものですよね。

ここではつわりの主な症状や個人差がある理由と考えられているものをご紹介しています。

つわりの主な症状

吐き気や嘔吐

半数以上の妊婦さんが、妊娠初期に吐き気や嘔吐のつわりを経験しています。

朝起きたとき吐き気がひどい、食べ物を見ると吐きそうになる、ご飯の炊ける臭いを嗅ぐとムカムカする、という話はよく耳にします。

また、空腹になると吐きそうになるというケースもあり、これは「食べつわり」と呼ばれます。

空腹状態にならないように常に何かを口にしていないと落ち着かない、という妊婦さんは体重の増えすぎにも気を付けなければなりませんね。

臭いに敏感になる

通常だと気にならない臭いにも敏感になります。
食事の臭いはもちろん、タバコの臭いや動物の臭い、生活臭にすら気持ち悪さを感じる人もいるようです。

また、湯気の臭いにも嫌悪感を感じる場合がありますので、お風呂に入るときは注意ですね。

食欲不振

食べ物を見ただけで気持ちが悪くなるので、テレビなどで食べ物が流れるのを見たくない、という妊婦さんもいます。

また、「これは食べれる」、「これは食べれない」という嗜好の変化も見られる場合があります。

今まで大好きだったものが急に食べられなくなったり、逆に苦手だったものが食べられるようになったりするのもつわりの症状の一種なのです。

眠気、だるさ

寝ても寝てもだるさが取れなくて、常に眠たい、という人も多いようです。

「病気でもないのに寝てばかりいる」と周囲から理解を得られない場合も多いようですが、眠気やだるさも立派なつわりの症状のひとつです。

堂々と休むようにしましょう。

頭痛

意外に感じるかもしれませんが、つわりの症状として頭痛もあります。

妊娠していると市販の頭痛薬が飲めませんので、産婦人科に相談して飲んでも影響のない薬をもらいましょう。

口の中の不快感

唾液が増えてネバネバしたり、口の中が苦く感じるという症状もあるようです。

飴を食べるとスッキリすることもありますよ。

つわりには個人差がある

もともと体が弱い人や胃腸にトラブルを抱えている人は、普通の人よりつわりが悪化しやすいと言われています。

また、冷え性の人もつわりが起こりやすいので、妊娠前から冷え性対策をしておくことがおすすめです。

その他にも、精神的ストレスを感じやすい人はつわりがひどくなりやすいと言われているので、出来るだけストレスの原因になるものを取り除き、穏やかな気持ちで過ごすようにしましょう。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらもどうぞ

カテゴリ

葉酸サプリ