サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

正しく知って楽に解消!マタニティブルーとは

待ちに待った赤ちゃんを妊娠して、ワクワクの毎日が始まるはずだったのに、何となく気分が沈んでイライラしたり、落ち込んだり...。

そんな状態になるママは少なくありません。

これは精神的な病気ではなく、「マタニティブルー」と呼ばれる誰にでも起こり得る状態です。

妊娠の経験がある女性なら、マタニティブルーになったことがある、という人も多いのではないでしょうか。

マタニティブルーは深刻に考えれば考えるほど症状が悪化してしまうので、あまり深く考えずに気楽に過ごすのが一番です。

マタニティブルーとは

マタニティブルーの状態から早めに抜け出すためには、まずマタニティブルーについて知らなければなりません。
マタニティブルーとは一体なのか、まとめてみました。

マタニティブルーの症状

マタニティブルーの症状は出産直前から産後1か月ごろまでの間に現れることが多いようです。

場合によっては妊娠初期から症状が出る人もいます。

症状としては、

  • 突然泣き出す
  • イライラする
  • すぐに気分が落ち込む

というものが多く、絵に描いたような情緒不安定な状態になります。

マタニティブルーの原因

マタニティブルーの原因のほとんどが、ホルモンバランスの変化によるものです。

女性は妊娠すると女性ホルモンを始めとする様々なホルモンの分泌量が増えますので、その変化に体が付いていくことが出来ず、マタニティブルーの症状となって現れます。

また、「今まで履けていた高いヒールの靴が履けない」、「今まで飲めていたお酒が飲めない」等の制限を受け入れられないこと、出産に対して自信がなくなることが原因で情緒不安定になる場合も多いようです。

マタニティブルーは産後鬱とは違い、比較的短期間で症状が解消されます。

マタニティブルーの解消法

マタニティブルーは精神的な問題が原因となっていますので、解消するには「自分が精神的に楽になれる方法」を見つけるしかありません。

確かに妊娠中は妊娠するまで当たり前のように出来ていたことが出来なくなります。

「子供なんていらなかった」と思ってしまうこともあるかもしれません。

そして、そんな自分に対してまたさらに落ち込んでしまいます。

しかし、その生活の中でも自分なりの楽しみを見つけていくことが大切です。

一人で溜め込むことのないように、話しを聞いてくれる相手を探したり、妊娠中でも楽しめる趣味を見つけたり、辛いときは旦那さんに愚痴を聞いてもらうのも良いでしょう。

適度に家事を休み、自分が一番楽に過ごせる方法を考えてみてください。

気楽に考えていれば、マタニティブルーもそれほど症状が重くならずに終わるはずです。

最後に

マタニティブルーは妊娠した女性なら誰でも起こり得る状態です。

旦那さんとしっかりとコミュニケーションをとり、一緒に乗り越えていきましょう。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

葉酸サプリ