サルでもわかる「つわり」の時期と対策法
オーガニックレーベル

つわりを予防できる?女性の為の漢方薬 当帰芍薬散

つわりを予防できる?女性の為の漢方薬 当帰芍薬散

もし、あなたが女性であって、更になんらかのトラブルを漢方で解消したいと考えた事があるなら、きっとこの「当帰芍薬散」という名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

なぜなら、この漢方薬が効く症状には、貧血、冷え性、月経不順、不眠、腰痛、肩こりと幅広く、女性特有の不調はなんでもとにかくこれでカバーできるのではないかという程です。

それゆえ各社製薬メーカーから「当帰芍薬散」が出ていますし、近所の薬局・薬店でも簡単に購入することができます。

そして、漢方の長い歴史の中では、なんと、安産の薬として使われたり、つわりの予防として使う事も、さらに不妊外来で不妊症の治療として使われる事も多い漢方薬なのです。

ただ、基本的に妊娠中は「お薬」を服用するのは怖いことですし、もし万が一なにかトラブルがあった時に「あの薬を服用していたせいでは?」となってしまっては残念なので、かかりつけの婦人科の先生や専門医に必ず相談しましょう。

また、漢方ではその人の身体の状態が重視されますから、もちろんこれではあまり効果がでない人もいます。

漢方薬が効くか効かないかは、その人の状態・症状次第なので、これで「すごく効いた」という人もいれば、「全然効かない」という人もいます。

効かなかった人は、「自分には漢方薬は向いていない。」と思うかもしれませんが、そうではありません。
薬局や薬店に製品として置いてあるものは、漢方薬のなかでも超・有名な幅広い適応を持つものであって、その漢方薬に別の成分をちょっと加えるとか、逆に減らすとか、その人に合わせてすこしずつ調整が行われたりします。

そのほんのちょっとの調整後でも、別の名前の漢方薬として存在するものも多くあります。
ですので、正しい漢方薬との向き合い方としては、「効く漢方を探す」ということなのです。

では、広く女性に使われるこの当帰芍薬散がぴったりあう身体の状態とはどんな状態なのでしょうか。

まず、この漢方薬が合う方は余り体力がない方で冷え性で疲れやすいタイプの方です。
さらに言うと、声も細く、低くゆっくりと話す。物静かで歩幅も小さめと言われています。

このように、患者さんの性格や動作までを判断基準とする漢方薬は、頭痛には頭痛薬、便秘には下剤といった西洋医学による薬の使い方に慣れている現代の私たちには実に興味深いところであり、漢方の歴史の深さのなせる技なのでしよう。

逆に体力があって、貧血もなく、かよわい感じではない方の女性のトラブルの為には桂枝茯苓丸という漢方薬があります。
こちらも代表的な女性の為の漢方薬で、当帰芍薬散と同じく、薬店・薬局で簡単に目にすることができます。

女性のトラブルは、当帰芍薬散か桂枝茯苓丸のどちらかが第一選択になることが多いです。
「第一選択」というのは、先に述べたようにその他にまだ調整の余地を残して、合わない場合は調整をしていくという意味を含んでいるからであって、女性のトラブルを解決する場合、大多数の方が、このどちらかに大きく分けられるという意味です。

▼この記事はお役に立ちましたか?▼

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらもどうぞ

カテゴリ

葉酸サプリ