マタニティヨガ、妊娠中いつからいつまでの時期が一番いいの?

マタニティヨガは出産を控えている妊婦さんにぜひやってもらいたい運動です。

妊娠中の女性の体は何かとトラブルを抱えがちです。

肩こりや腰痛、便秘、むくみ、冷えなど、ただでさえお腹の大きい妊婦さんにとって辛いと感じることも増えてくるでしょう。

「妊娠中は安静にしていなければならない」と思っている人も多いようですが、体調さえ良ければ軽く体を動かした方が、ずっと楽になれるのです。

安産効果も抜群なので、時間のある妊婦さんはぜひ、毎日の習慣にしてみてください。

マタニティヨガについて

マタニティヨガの効果や、いつからいつまで行うのが一番良いのか、マタニティヨガについてまとめてみました。

マタニティヨガの効果

マタニティヨガの効果の中でも最も注目を集めているのが、「安産効果」ではないでしょうか。

初めてのお産を控えている妊婦さんにとって、出産は未知のものであり、不安でいっぱいでしょう。

マタニティヨガには体の柔軟性を高めて骨盤を開きやすくする効果があるので、お産が楽になると言われています。

産後の骨盤ももとに戻りやすくなりますので、体型に気を使う妊婦さんには絶対におすすめです。

マタニティヨガの呼吸法やポーズは、貧血や冷え、むくみなどの体調不良を改善する効果があります。

基礎代謝もアップするので、体重が増えがちな妊婦さんの強い味方になってくれるはずですよ。

さらにマタニティヨガにはリラックス効果もありますので、イライラしたり情緒不安定になりがちな時の良いストレス解消になります。

いつからいつまで?

マタニティヨガは確かに妊婦さんに良いものですが、注意しなければならない点もいくつかあります。

まず、マタニティヨガを始めるのは安定期に入ってからにしてください。

妊娠初期は胎盤がしっかりしていないので、マタニティヨガによって流産の危機を招いてしまう可能性があります。

安定期に入ってからでも不安があるという人は、お医者さんに相談してOKをもらってから始めると良いでしょう。

安定期に入ったからといって、無理をしてはいけません。

体調が少しでも優れない日はマタニティヨガをお休みするなど、自分の体調と相談しながら行ってください。

マタニティヨガは出産直前までやっても問題はありませんが、あまりお腹が大きくなってからだと逆に体に負担をかけてしまう場合もありますので注意しましょう。

早産の可能性がある、とお医者さんに言われている人は、早めに中止してください。

最後に

マタニティヨガ講座に参加すればママ友も作ることが出来ますので、出産後のことも考えて参加してみるのもおすすめです。

「家で一人でやりたい」という人のためのDVDも出ているので、チェックしてみると良いでしょう。

お腹の赤ちゃんを身近に感じ、幸せな気分を味わうことが出来るはずですよ。