つわりは何故起こるのか?

つわりは何故起こるのか?

妊娠初期の妊婦さんのほとんどが、つわりを経験します。
症状が重い人もいれば軽い人もいますし、まったく無い、という人もわずかながらいるようです。

ただでさえ赤ちゃんがお腹に宿って不安がある中で、つわりで具合が悪くなるわけですから、気持ちが落ち込む妊婦さんも少なくありません。

ひどい人だと妊娠初期だけでなく出産の直前までつわりに苦しめられた、という人もいます。
つわりさえなければ幸せなマタニティライフを過ごすことが出来たのに...という人も多いのではないでしょうか。
つわりは何故起こるのでしょうか。

実はまだ医学的にはっきりとつわりの原因は解明されていませんが、「おそらくこうだろう」と考えられている原因はいくつかあります。

つわりの原因と考えられているもの

ホルモンバランスの崩れ

妊娠すると子宮から分泌されるhCGホルモンが急激に増加します。
このhCGホルモンの急増が、つわりを引き起こしていると考えられている説もあるようです。

また、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌も急増するため、そのせいでつわりが起こるという考え方もあります。

黄体ホルモンは月経前に分泌量が増えますので、月経前になると肌荒れや便秘に悩む女性が多いのと同じです。

精神的ストレスによるもの

妊娠すると喜びもあるけれど不安や心配も付きものです。

無事に産まれてくるだろうか...。
産まれてきたらちゃんと育てられるのだろうか...。
夫の協力は得られるのだろうか...。
金銭的にも不安...。

そんな精神的ストレスが、つわりの原因となっている可能性もあるのです。

また、妊娠すると生活環境も変わります。

仕事を辞めたり、お酒が飲めなくなったり、自由に動けなくなったりするストレスも原因となってきます。

拒否反応

人間の体は異物が入ってくると排除しようと働きますので、妊娠初期の胎児を体が異物と判断し、排除しようとしてつわりが起こるとも言われています。

赤ちゃんからのサイン

妊娠初期はまだ胎盤が未成熟なため、いつ流産してもおかしくない不安定な状態が続きます。

つわりが起これば妊婦さんは体を休めるしかありませんので、つわりは赤ちゃんからの「体を休めて」というサインかもしれませんね。

最後に

特に初めての妊娠の場合、つわりがひどいと「妊娠なんかしなきゃ良かった...」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかしつわりを乗り切れば、可愛らしい赤ちゃんをこの腕に抱くことが出来ます。
つわりは赤ちゃんが元気に育っている証拠」と割り切って、何とか乗り切ってください。

妊婦さんがつわりを乗り切るには周囲の協力が必要不可欠です。

「つわりは病気じゃない」と理解を示してくれない人もいるようですが、病気じゃなくてもお腹の赤ちゃんのために無理は絶対に禁物です。

つわりがひどいと精神的ストレスはますます悪化していきますので、ご主人や実家にどんどん頼って、つわりの時期を乗り越えましょう。

こちらもどうぞ